イヤーキャンドルについて説明します。

 

キャンドルと名前がついていますが、中身は空洞でとても軽いです。

※写真のキャンドルは、第5チャクラ調整用の物です。イヤーキャンドルは、ひと回り小型です。

8936_805451056216854_1534182714374926603_n

上から見るとこんな感じ。下から燃えかすが落ちないように、底にはガーゼがついています。

10300515_805451076216852_7434631475360590143_n

 

セラピスト安部紀江さんよりご説明です。

 

11053238_727199207402577_1283197961382606366_n
『古代ギリシャですでに施術されていたイヤーキャンドルは、アジアからシベリアに渡り、特にネイティブアメリカンの間で使用されてきました。

オーガニック綿・蜜ろう・エッセンシャルオイルなどすべてナチュラルな素材からできているため、副作用もなく、小さなお子様からご年配のかたまで幅広く使用していただけます。

トリートメント中は、たき火が燃えるようなやさしい音が聞こえます。音を聞きながら目を閉じ、全身をリラックス状態へと導きます。』

 

香りは、4種類、お好みで使い分けます。
(左からカモミール・ラベンダー・ゼラニウム・ユーカリです)

11235439_805451229550170_2841911771286509403_n

燃焼時間は、片耳約10分です。

その後、頭部深層の血流が良くなった所で、指圧とリンパマッサージで、老廃物を流します。

 

11036490_805451246216835_3329810746177784180_n

モデル、私です(^^)♡

 

キャンドル施術中は、施術を受ける人だけでなく、周囲の人も吸い込まれていくような安ど感に入ります。

火とアロマ両方による浄化と癒やしが空間レベルで行われるためです。

 

※イヤーキャンドルの安全性についてはこちらをご覧ください。