■無料セミナー詳細
○日時
9月21日・13時~14時
9月26日・15時半~16時半
○場所
アカデメイアカレッジ
渋谷区東3-19-9恵比寿イーストビル4階

○TEL 03-5468-5939

アカデメイアカレッジ
アドレス
http://www.akademeia.co.jp/taiken_shinri.html

 

【講義内容】

2010年の過去記事 『古代人にとっての月』より
http://delphicoco.blog9.fc2.com/blog-entry-54.html

占星術の起源とされるメソポタミアのジッグラトと言われる神殿には、頂上の祠(ほこら)に月の神がまつられていたらしいです。

山川出版社「世界史総合図録」より。

山川出版社「世界史総合図録」より。

 

使われている暦は、月の満ち欠けを使って出す太陰暦(旧暦)でした。
※正しくは、太陽との位置関係も使うため太陰太陽暦と言われています。

三省堂「世界史A」より。

三省堂「世界史A」より。

太陰暦は、主に西アジアから東で用いられていて、日本でも明治時代までは使われていました。

『紫微斗数・しびとすう占星術』は、北半球に見える星達を北極星を中心にして見て、太陰暦で出した占いです。

三省堂「世界史A」より。

三省堂「世界史A」より。

 

月は、潮の満ち引きにも関係し、私達の経絡の流れにも影響を持ちます。

 

【9/21・26】アカデメイアカレッジ・「紫微斗数・しびとすう」無料セミナーのお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>