apple-september-2015_01

Apple Event

日本時間9月10日は、米Apple社の新作発表会がありました。

占い師の視点から、機種の予測と今後のApple社について紫微斗数(しびとすう)占いで分析してみました。

 

Apple社CEOティム・クック氏

Apple社CEOティム・クック氏

 

■かなりの開発費をかけたと思います。

■研究員を囲い込み缶詰め状態で急いで作っています。

■伝統企業としての業績の延長線上で作ったため、デザインや内部の作りは、保守的で前例踏襲です。
あまり斬新な企画は無いでしょう。

 

■見た目的にはスマートですが性能的にはやや壊れやすいかもしれません。
熱がこもりやすく、水に弱そうです。防水機能はもともとありませんが…。

■子会社、販売網との連携などが遅れがちで品薄になりやすいでしょう。
人々の購入意欲の熱を逃しがちで競合他社に顧客を奪われがちのようです。

■自社不動産や従業員の人件費に資金が行きがちで、実際の製造が子会社だのみになっています。

 

 

jp_01

 

今後の先行きとしては、Apple社本来の性質としての一部のデザイン系のマニアの人々に好まれる傾向が出て来ています。

実質的な使い勝手や頑丈さを求める人達のニーズとは、徐々に乖離している傾向がありそうです。

 

september-2015-2_01

Apple社 発表会のゆくえ
Tagged on:                                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>